Windows8でディスク稼働率が100%になってしまう時の対処法

Pocket

こんばんわ。
以前、Windows7 32bit版からWindows8 64bit版に移行したのですが、なぜだかディスク稼働率が100%まで上がってしまい、動作が不安定になってしまうことがありました。

その時に少しだけ状態が改善した方法についてまとめました!

11141

スポンサードリンク

【 症状 】
・ 動作が重い。
・ タスクマネージャーを見るとディスク稼働率が常時100%
※ 設定を変更します。自己責任で行ってください。

 

そこで、リソースモニターで使用率の多い順で見ると、「svchost.exe」というプログラムがディスクを占領していました。
どうやら、svchost.exeは下請けのプログラムをいっぱい持っているようなもので、原因となっているプログラムを探さないといけないみたいです^^;

 

しかし!リソースモニターを見てみると、

Software Distribution\download\

というファイルパスで動いているようです。
いろいろ調べてみたところ、これはWindowsのアップデートに関するものらしく、アップデート時には必要で、事が済んだあとにはあまり必要ないものみたいですね。

つまりは、WindowsUpdateがバグって常に自動更新を行っているんじゃないかと!!!
思いまして…

[ コントロールパネル ] > [ システムとセキュリティ ] > [ 自動更新の有効化または無効化 ]

11142
その中の設定を[ 更新プログラムを確認するが、ダウンロードとインストールを行うかどうかは選択する ]に変更します。

この設定をしてから2~3分で効果が表れました!
100%だったディスク稼働率が、20%くらいで落ち着きました!

あくまで、自分の場合ですから、治るかどうかはわからないですが^^;
参考までに!!

ではまたっ!

Pocket

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です