【知ってよかった!】いちごオレとかの赤色って虫が原料!!

Pocket

こんばんわ。

一部の化粧品や食品には『コチニール色素(カルミン酸色素)』という天然着色料が使われています。

この色素が虫が原料であるって言うのはいわゆる『知らなかったほうが幸せだった雑学』なんかでよく耳にするはなしですが、実際のところどうなんでしょうか?1602131

スポンサードリンク

そもそもどんな虫よ!

コチニール色素の原材料となるのは『カイガラムシ』という虫です。

虫が苦手っていう方もいらっしゃると思いますので、気になる方だけリンク先を見て下さいね!

 

安全性はどうなの?

添加物としてあらゆる食品や化粧品に使われているようですが安全性は一体どうなのでしょうか?

Wikipediaによれば、

各種の安全性試験(急性毒性・催奇性・発ガン性など)の結果に問題はなく、FAO/WHO合同食品添加物専門家委員会はコチニールレーキの一日摂取許容量を体重1kgあたり5mgと評価している。

とのこと。

天然の添加物だから安全!とはいえませんが、化学合成された添加物と比べれば自然のモノのほうが印象は良いですよね。

 

でも、アレルギー反応が出てしまう人も!

過去にイチゴジュースを飲んだ人が、コチニールによりアナフィラキシー症状が出たという前例もありましたね。

その後消費者庁が注意喚起を行ったことで、現在は減少傾向にあるのではないでしょうか?

スターバックス・コーヒーも、ストロベリーフラペチーノやドーナツに使われているコチニールを段階的になくしていくと当時ニュースでやっていましたし!

 

最近でも食の安全が問題視されていますが、提供する方はもちろんですが、消費する私達もある程度知識をもって生活しないといけませんね…。

では、またっ!

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です