交通違反した時に払う反則金ってどこに行くの?

Pocket

こんばんわ。

僕はまだ経験がありませんが、交通違反で取り締まられた時って反則金を支払いますよね!

例えば携帯電話を使っていたら9千円(普通車)とか、スピード違反ならオーバーしたスピードによって◯万円とか。

でも、これって一体何に使われているんでしょうか?1602101

スポンサードリンク

結論からいうと『回収された反則金は一旦、国庫に集められ各自治体の交通安全の為に使われる』ということらしいです。

このサイトによると、集められた反則金は式に基づき事故件数の多い都道府県に交付されるとのこと。

ん?ん?

でもこれって、事故件数が減ってしまうと予算も減ってしまうということですよね…。

(参考サイトにも記載がありますが)

でも、これって単にお金の問題だけを考えると

標識等の整備(関連企業に受注発生) → 効果がない → 事故件数が減らない(予算が減らない) → (最初へ)

っていう安全に対しては負の連鎖が一番組織を潤わせてしまうような感じがしますよね。

それに、予算を増やすためには、事故件数を増やすのは現実的ではないですから、簡単に考えれば反則金をいっぱい集めれば配当も増えるぜ!って感じですよね(笑)

 

とは言え、違反行為にあげられるものはどれも危険なものばかりですから違反しないことが一番だとは思います。危険運転してメリットなんて無いですから(笑)が、こういったお金の流れも正直考えられてしまいます。

 

まぁ、無駄なお金を国に納めないためにも安全運転を(笑)

では、またっ!

 

Pocket

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です