雪の日にワイパーを立てる理由って?

Pocket

こんにちわ。

自分は長野県住みなので、雪はわりと降る方なのですが雪の日って駐車場なんかでワイパーが立っている車をよく見かけるんですよね。

なんとなくの理由は知っていたんですけど、実践する前に調べてみました!

1601201

スポンサードリンク

1.ワイパーブレードのゴムの損傷を防ぐ!

これが一般的に最も言われている理由ではないですかね?

ワイパー(ブレード)はゴムでできていますので、気温が低い時にワイパーを下ろしたまま長時間放置するとフロントガラスにゴムが凍りついてしまいます。

その状態で、ワイパーを動かしたり、無理やり手で動かそうとすればブレードの部分が剥がれたりちぎれてしまいます。

ブレードが損傷した状態ではキレイにふき取れません。

 

2.ワイパーリンク機構を壊さないようにするため!

ワイパーリンクとは、モーターの回転運動をアームに伝えるための軸です。

雪というのは水分を多く含んでいるので重いです。

雪がワイパーの上に積もっていくと、その重量で中にあるワイパーを動かす軸の変形していまうことがあります。

また、そんな重量物がのった状態でワイパーを動かそうとすれば、軸に大きな負荷がかかり破損の原因となります。

 

注意点:落雪でワイパーが折れることがある。

ワイパーを立てる際は注意も必要です。屋根から落ちてきた雪があたってワイパーが折れたなんて話も聞いたことがあります。

屋根が近くにあったり、上から雪が落下してくるような場所に駐車するときは、ワイパーを立てるのは控えたほうが良さそうですね。

Pocket

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です