iPhoneの紛失に備える!無くしたiPhoneを見つけるまでの流れを確認しよう!

Pocket

こんにちわ。

iPhone7からApple Payが使えるようになって、iPhoneが持つ貴重品レベルがさらに上がったような気がしますね!

家でも外でも手放すことがなくなってきているスマートフォンですから、故障はともかく紛失というのは避けたいところです。

万が一、紛失してしまった場合にiPhoneの設定が正しくされていないとiPhoneが手元に戻ってこない可能性が高くなるので、今回はどう設定をしておけばいいのか紹介したいと思います。

スポンサードリンク

事前にしておく設定

1.”iPhoneを探す”機能をオンにしておく

これが最重要です。この機能を入れておくと、iPhoneをなくした際にiCloud経由で位置情報を確認し、iPhoneが今どこにあるか検索することができます。

まずは、設定アプリから一番上のアカウント名をタップします。

Apple IDメニューの中からiCloudを選択します。

 

iCloudメニューに移動したら、iPhoneを探すをタップし、iPhoneを探す最終位置情報を送信の2つともオンにします。

これで、事前準備は完了です。次に無くした時に探す方法です。

 

2.実際にiPhoneを探す

iPhoneに標準搭載されている“iPhoneを探す”アプリから場所を検索します。

自身のiPhoneは手元にないわけですから、友人や自分のパソコンやタブレットから検索しましょう。
(パソコンで行う場合は、https://www.icloud.com/から行います。)
iPhoneを探すアプリを起動すると、AppleIDでのログイン画面が表示されるのでログインします。
ログインすると、位置情報の検索が始まり、現在位置が表示されます。

自分の探している端末をタップして詳細に移ります。

次に画面下にあるアクションメニューから紛失時に便利な機能がいろいろあるので、ざっと紹介します。

 

3.アクションメニューを使用する

では、最後に各アクションの機能を紹介したいと思います。

 

■ルート検索(車マーク)

マップアプリが起動しiPhoneがある場所までどのくらいの距離なのかを表示します。

 

■サウンドを再生

マナーモードになっている場合でも、2分間本体からサウンドを再生します。

近くにあって見つからない場合は鳴らしてみましょう。

 

■紛失モード

本体にパスコードが掛かっていない場合は、パスコードを遠隔で設定することができます。また、ロック画面にメッセージや連絡してほしい電話番号を表示することができるので拾った人に落とし物であることを通知することができます。

さらに、拾った人は表示された電話番号にはその場で電話をかけることができるため手元に返ってくる確率が格段にUPするでしょう。

 

■iPhoneを削除

iPhoneを遠隔で出荷状態に戻します。盗難されてしまった際などの最終手段です。

 

以上、事前準備から無くしたときまでの流れを紹介しました。緊急時に知っておかないともったいないのでぜひシェアしてください!

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です