iPhone7を購入する前に注意するべき3つのこと!”防水”ではないぞ!

Pocket

こんにちわ。

iPhone7が発売されてから、数日が経過しました。

ニュースサイトでもiPhone7の記事を見かけるようになりましたが、Appleの公式ページでは気になることがいろいろあります。

もし、iPhone7の購入を考えている人は参考にしてみてください!1609101

スポンサードリンク

では、早速気になった点を3つ紹介したいと思います!

1.新色”ジェットブラック”は傷つきやすいらしい

今回からカラーバリエーションが変更になり、今までの”スペースグレイ”が”ブラック”に呼び名が変更され、新たに”ジェットブラック”というカラーバリエーションが追加されました。

1609102

何が違うかというと、『光沢』です。グランドピアノのような光沢のある黒といえばわかりやすいでしょうか。

し・か・し!

これがまた問題で、この新色”ジェットブラック”は傷つきやすいようで、Appleの仕様ページでも実際に注意書きがあります。

ジェットブラックのiPhone 7の高光沢仕上げは、精密な9段階の酸化皮膜処理と研磨加工によるものです。表面には酸化皮膜処理された他のApple製品と同等の硬度がありますが、使用とともに光沢に微細な摩耗が生じる場合があります。磨耗が気になる方は、iPhone用のケースを使って表面を保護することをおすすめします。

iPhone7-仕様:Apple

いやいや!ケースしたら光沢見えませんやん!とツッコミを入れたくなるところです。

醍醐味がなくなってしまうようで複雑ですよね…。

 

2.イヤホンジャックの廃止

ご存知のかたも多いと思いますが、iPhone7にはイヤホンジャックがありません。

時代は無線だぜ!ということでなくなってしまったイヤホンジャックですが、正直まだそこまでユーザー側の無線化が進んでいないように思えます。充電がめんどくさいし、なくしてしまいそうですよね。

ちなみに、今秋にはAirPodsなるアクセサリも発売予定みたいですね!

1609105

 

じゃあ有線のイヤホンが使えないかというとそうでもありません。

iPhone7には”Lightning – 3.5 mmヘッドフォンジャックアダプタ”というLightningケーブルをイヤホンジャックに変換してくれるアダプタがついてくるので有線のイヤホンも使用することができます。

1609103

ただ、充電しながらイヤホンジャックを使えないのでそういうアダプタも後から出てきそうですね。

それはそうと最近Appleはアダプタ好きですね。

 

3.”防水”ではなく”耐水”

1609104

Appleの公式サイトでは、”防水”という言葉は使われていません。

どういった言葉で説明されているかというと

iPhone 7はボディ全体を再設計することにより、iPhoneとして初めて耐水性能を備えました1。これからは、水がこぼれたり、はねたりしても、ホコリがついても、あなたのiPhoneはこれまで以上に守られます。
iPhone7:Apple

んーどうなんでしょうねぇ。

確かに、耐水するためにイヤホンジャックをなくしたり、ホームボタンを変更したりしているわけですが、この説明を見る限りではあまり信用できるようなものではなさそうです。

多少の雨とか濡れたてでちょっと触るくらいは大丈夫でしょうけど、プールやお風呂で使ったりは無理でしょう。

それに!Appleは耐水性能は謳っていますが液体による故障を保証してくれませんので注意しましょう!

 

Pocket

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です